パタヤの鉄道道路近くの洪水問題は解決されると市の指導者は言う

パタヤ

パタヤで水ポンプ場と排水工事が建設されている鉄道道路の近くで進行中の洪水問題は、最終的に解決されると、市の指導者は述べています。

昨日、2020年9月18日、パタヤ市の行政長官キエティサック・スリウォンチャイ氏は、ソイカオノイとソイカオタロの間のソイ9の鉄道道路付近に建設されている給水ポンプと排水工事を視察しました。

キエティサク氏はパタヤ・ニュースに対し、工事中のエリアの道路利用者に警告するための標識と信号機が一時的に設置されたと語った。

しかし翌日には、その信号に使われていた10個以上の電池が盗まれていた。

交通事故防止のために信号機が設置されている間に、路面はまもなく補修される予定です。盗難防止のためにCCTVも設置されています。

線路付近は、近くの用水路が人の侵入を受けて定期的に浸水しているほか、近くの住宅に接続されていた水道管が小さすぎることや、コビド19のパンデミックの影響で給水ポンプ場や排水工事が遅れていたことなどから、定期的に洪水が発生しています。

しかし、キエティサク氏はこれらの問題を早急に解決することを確認している。

残念ながら、全体的な工事の時間枠は示されていない。以前の見積もりでは、この地域は2021年末まで完全に固定されない可能性が高いとされていました。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

私たちのニュースレターを購読することを忘れずに、スパムフリーの毎日のメールで私たちのすべてのニュースをお届けします。

フォローしてください フェイスブック, ツイッター, グーグルニュース, インスタグラム, チクトク, ユーチューブ, Pinterest(ピンタレスト, パーラー, フリップボード 或いは タンブラー

Facebookグループのディスカッションに参加しましょう https://www.facebook.com/groups/438849630140035/ または下のコメント欄にご記入ください。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)