タイ労働省職員がコビド19号の回復後に合併症を起こして死亡

バンコク

労働省職員のマット・マミンさん(54)は、今月初めにコビド19号による呼吸器治療を受けた後、本日9月18日正午ごろに死亡しました。

マットはサウジアラビアのリヤドで22年以上通訳を務めていたが、パンデミック時にサウジアラビア、クウェート、バーレーン、レバノンでタイ人労働者の帰国支援をボランティアで行っていた時にコビド-19に感染していることが判明した。

通訳者は検査で陰性で、サウジアラビアを出発する前にコロナウイルスから回復したと報告されていましたが、それでもウイルスが引き起こした呼吸器系の損傷に苦しんでいました。

患者はラジャヴィティ病院での治療のため、9月2日にタイに帰国していた。衛生兵に従って、患者は厳しい呼吸器の徴候に苦しんでいて、呼吸器を常に身に着けていなければならなかった。患者は最初に海外でウイルスを捕まえた、労働省は加えた。

彼の医学的検査はまだ治療中のウイルスの陰性を示していた。医師は、彼は伝染性ではなかったし、一般の人々は発生を恐れるべきではないと強調した。マットは、薬剤耐性菌による肺炎に苦しんでいたし、最終的には今日の12時00分頃に亡くなった。

医療サービス部のSomsak Akasilp部長は、病院で治療を受けている間、患者の体内からコビド-19が検出されなかったため、患者はコビド-19で死亡していないと関連報道機関に語った。

しかし、彼の死因はむしろ、彼がコビド19に罹患している間に発生した肺感染症やその他の呼吸器症状であった、と事務局長は付け加えた。

写真提供保健省

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

私たちのニュースレターを購読することを忘れずに、スパムフリーの毎日のメールで私たちのすべてのニュースをお届けします。

フォローしてください フェイスブック, ツイッター, グーグルニュース, インスタグラム, チクトク, ユーチューブ, Pinterest(ピンタレスト, パーラー, フリップボード 或いは タンブラー

Facebookグループのディスカッションに参加しましょう https://www.facebook.com/groups/438849630140035/ または下のコメント欄にご記入ください。

送信
ユーザーレビュー
4.5 (2 票)