政府は、タイへの外国投資を誘致するために、新たな特別ビジネスビザの規則、永住権の付与を計画しています。

ナショナル

経済状況管理センター(CESA)は、外国のビジネス専門家、投資家、経営者、起業家の投資誘致を目的とした永住許可証とスマートビザの付与について、原則として改正を行うことで合意した。

政府報道官Anucha Burapachaisri氏は昨日9月16日、CESAが永住許可を持つ外国人に対して、購入後5年間は抵当権設定、売却、譲渡をせずにコンドミニアムユニットの購入・投資を行うことを認め、申請書を提出する前に最低3年間タイに滞在するという要件を免除することを含めて検討していることを発表した。

また、CESAは、スマートビザを付与するためのガイドラインや対象ネットワークを拡大し、科学技術以外の分野でスタートアップを展開したり、雇用を創出したりしたい人を対象とする。また、タイでの労働契約を結んでいない独立/フリーランスのビジネス専門家も対象とする。

PHOTO.プラチャット

新ガイドラインによると、スマートビザの所持者は、ビザに指定された仕事以外の仕事も一部認められるようになるほか、ビザを申請する高官の職務経験や学歴も緩和されるという。

スポークスマンによると、外国人起業家のための改善された改正案は、Covid-19によって強化されたビジネス状況の硬化に潜在的に適用できるように導入されているという。

と報道陣に語った。"スマートビザは2018年に初めて導入されたが、コビド19の流行が始まったことで、タイ投資委員会(BOI)は外国人ビジネスマンがタイでコンドミニアムを取得するための柔軟な条件を改善するための新たな枠組みを提案しなければならなくなった。"

"ガイドラインは、BOIや内務省と改めて協議し、可能性のある条件をさらに見直し、改善していく予定です。"

これらは原則として承認されていますが、最終的には承認されていないことを覚えておくことが重要だとパタヤ・ニュースは指摘しています。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

私たちのニュースレターを購読することを忘れずに、スパムフリーの毎日のメールで私たちのすべてのニュースをお届けします。

フォローしてください フェイスブック, ツイッター, グーグルニュース, インスタグラム, チクトク, ユーチューブ, Pinterest(ピンタレスト, パーラー, フリップボード 或いは タンブラー

Facebookグループのディスカッションに参加しましょう https://www.facebook.com/groups/438849630140035/ または下のコメント欄にご記入ください。

送信
ユーザーレビュー
4 (3 票)