国内観光を後押しするために12月と1月の毎週末に開催されるバングラムンのウォーキングストリートマーケット

バンラムン

12月と1月の毎週金曜日と土曜日に、ノンプルーでは観光振興と地域住民の支援を目的としたウォーキング・ストリート・マーケットが開催される予定です。

ノンプルー市長のマイン・チャイヤニット氏はパタヤ・ニュースに対し、"12月と1月の毎週末にウォーキング・ストリート・マーケットが開催される "と語った。

"この数ヶ月の間、天気が涼しくなるだけでなく、クリスマス、新年、旧正月のお祭りなどの複数の休暇があります。"

"スッタワート寺院からミットカモン交差点までの約700メートルの長さのウォーキングストリートマーケットが開催されます。"

"毎週金曜日と土曜日の午後3時から11時までマーケットを開催します。"

"本市は、地域経済を支え、地域の皆様に食べ物などを販売していただくことを目的としています。登録以外のブース設営を希望される方には、レンタル料等の費用は一切かかりません。"

"我々は陛下の故Bhumibol Adulyadejを記念するだけでなく、父の日とナショナルデーを祝うと同様に、市場は時間枠になるだろうとして、照明だけでなく、他の装飾が設定されます"と市長は締めくくった。

私たちのニュースレターを購読することを忘れずに、スパムフリーの毎日のメールで私たちのすべてのニュースをお届けします。

フォローしてください フェイスブック, ツイッター, グーグルニュース, インスタグラム, チクトク, ユーチューブ, Pinterest(ピンタレスト, パーラー, フリップボード

或いは タンブラー

Facebookグループのディスカッションに参加しましょう https://www.facebook.com/groups/438849630140035/ または下のコメント欄にご記入ください。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)