タイ政府、遅延していた年金や障害者給付金を支払う

タイ

タイ政府は本日、高齢者と障害者のための9月分の福祉と年金の支払いを処理した。これまで発表されていた9月22日という新たな期限よりも早く支払いが行われた。

60歳以上の人は毎月600~1,000バーツの生活保護を受けていますが、障害者の生活保護は一人当たり月800バーツ程度です。

政府のスポークスマン、アヌチャ・ブラパチャイスリ氏は以前、年金支給の遅れについて、昨年2月の数字を参考にした予算配分の誤りが原因であると述べていたが、実際には多くの人がその日以来、生活保護を受けるために登録している。

発表後、政府が財政難に陥り、年金基金を解約し、3ヶ月後には職員の給与支払いを停止するという噂がネット上で共有され、政府の信用に影響を与えていました。

財務省のスポークスマンであるLawan Saengsanit氏は、この噂について「すべて事実ではない」と公言していた。手当は先送りされただけで、現在は地方行政局による予算整理の過程にあるという。

パタヤニュースは以前にもこの遅延を取り上げており、タイ人と外国人の両方の市民からソーシャルメディア上で激しいコメントが寄せられていました。それについては以下で読むことができます。

タイの高齢者や障害者のための政府年金や基金は9月中に配布されると財務省は言う。

ソースタイ政府、パタヤニュースが追加コンテンツを追加しました。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

私たちのニュースレターを購読することを忘れずに、スパムフリーの毎日のメールで私たちのすべてのニュースをお届けします。

フォローしてください フェイスブック, ツイッター, グーグルニュース, インスタグラム, チクトク, ユーチューブ, Pinterest(ピンタレスト, パーラー, フリップボード 或いは タンブラー

Facebookグループのディスカッションに参加しましょう https://www.facebook.com/groups/438849630140035/ または下のコメント欄にご記入ください。

送信
ユーザーレビュー
2.5 (2 票)