パタヤの男性、実の兄が酒を飲んでいた時に胃を刺され重傷を負う

パタヤ, タイ

昨日、ノンプルーで実の兄に刺されたと報じられたタイ人青年が胃に重傷を負った。

パタヤ市警のチャオワリット・スワンマニー警部は、昨日の夕方、ノンプルーのソイ・コルパイのアパートで事件の通報を受けた。

警察、救急隊、パタヤ・ニュースが現場に到着し、負傷者のモンコン・ナクサワンさん(26)を発見しました。

胃に重傷を負い、数カ所の刺し傷を負っていました。地元の病院に救急搬送された。

現場では、負傷した男性の弟であるナンタコーン・ナクサワン容疑者(22)が逮捕された。近くの排水溝から長さ約15センチのナイフが見つかった。

容疑者は警察に「2人とも1日中、酒を大量に飲んでいた」と供述しているという。口論の末に兄が先に襲い掛かり、拳で何度も殴ったと主張している。

ナンタコーンさんは、ナイフを使って反撃したが、兄に重傷を負わせるつもりはなかったと供述している。彼は、この事件について非常に残念に思っていると述べた。

容疑者は具体的に何が喧嘩を始めたのかについての発言を拒否しました。しかし、彼は複数の法的責任を問われており、プレスタイムの時点では警察の拘留中です。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)