チョンブリでSUVに轢かれた後、10代の運転手が助かる

チョンブリ

ムアンチョンブリでSUVに轢かれたと報じられた10代の運転手が軽傷を負った。

昨日午後6時30分、サメット警察は、サメット小地区のワット・タオプーン-ワット・ケットマイ・ンガム通りで事故が発生したとの連絡を受けた。

救急隊員とパタヤ・ニュースが現場に到着し、16歳のポラミー・ミーロットさんを発見しましたが、軽傷を負っていました。彼は地元の病院に搬送されました。

近くでは、救助隊員が破損したバイクとSUVを発見した。SUVの運転手は報道陣に対し、氏名など事故の詳細を明かすことを拒否した。

目撃者のパリニー・カウサンガさん(31歳)は、パタヤ・ニュースに、バイクに乗っていたティーンエイジャーがコーナーでバイクから落ち、その直後にSUVのホイールが肩の部分を轢いたと語っています。

彼女はパタヤ・ニュースの記者に、SUVの運転手に向かって叫んで、10代の若者からSUVをどけて車を止めるように言ったという。

他の目撃者は、10代の運転手は死ぬと思っていたので、非常に幸運だったと考えていた。しかし、彼は軽傷を負っただけでした。

ムアンチョンブリ警察は、事故の正確な原因を究明するため、CCTVを見直し、詳細な調査を行っています。

送信
ユーザーレビュー
4 (1 投票)