タイ政府は、国内観光を促進するために、資格のある政府職員に2つの特別休暇を付与します。

バンコク - タイの内閣は、国内観光を奨励し、促進するために、一緒に旅行キャンペーンに登録された公務員や政府機関、国営企業の従業員のための2つの追加の休暇日を承認した。

政府報道官のアヌチャ・ブラパチャイスリ氏は、本日2020年9月16日、政府機関や国営企業の公務員、従業員、契約労働者が「Travel Together」キャンペーンに署名し、キャンペーンの特典を利用する意思があることを条件に、2日間の休暇を延長して与えるという緊急融資検討委員会の提案をタイ内閣が承認したと発表した。

この追加手当は、1週間の観光活動を促進し、経済を活性化させるための支出を生み出すことを目的としています。休暇日は、政府職員の上司や管理者の承認を得て、その週のうちに取得することを目的としています。

Travel Togetherは、政府が導入したキャンペーンで、契約した人を対象に、ホテルの宿泊費や航空券の代金を補助したり、旅行中の買い物の手当を支給したりするもの。キャンペーンは7月から始まり、今年10月に終了する予定です。

パタヤニュースによると、政府は国内消費を促進するために11月初旬に全住民を対象とした祝日を検討しているとのことです。コビド19の流行により、パタヤやプーケットのような場所では特に経済に大きなダメージを与えている外国人観光客には国境が閉鎖されたままです。

この前の連休の週末はパタヤの交通量が多く、国内の観光客も多かったです。

タイ国立新聞局からの情報を元にしています。

送信
ユーザーレビュー
4 (1 投票)