国民経済を後押しするために、今年11月に予定されているタイの祝日が増える可能性が高い

PHOTO.タイ通信社

ナショナル

タイの政府委員会は、より多くの国内旅行を後押しし、経済を刺激するために、11月上旬に仏教の四旬節の終わりに長期の週末を検討していると、ウィサヌ・クレア・ンガム副首相は本日9月15日に語った。

副首相は閣議前にAP通信に、追加休暇のアイデアは最初にあったと語った。 プラユット・チャンオチャ首相が持ち出した 先週の

土日を含めた4日間の祝日とされ、10月はすでに複数の祝日があるため、11月に追加される可能性が高いと副首相は述べています。

Wissanu は記者団に言った。"我々は、人々が旅行に行くことができるように、これらの追加休暇を仏教の四旬節の終わりに追加すべきかどうかについて、観光スポーツ省に話をする。我々はまた、提案された追加の休日の間にトラフィックコントロールで動作するように交通警察官に相談する必要があります。"

多くの国内観光客が旅行し、潜在的に国民経済に拍車をかけていたが、9月4日から7日までの前回のソンクラーン代替長期休暇中に数千万バーツを注入したと報じられている。

パタヤは先週末の連休から大きな恩恵を受け、再び多くの国内観光客が訪れることが期待されています。

送信
ユーザーレビュー
4.33 (3 票)