タイ政府、今年10月から「特別観光ビザ」スキームで長期滞在の外国人観光客を受け入れることを原則承認

ナショナル

タイの内閣は観光業のセクターを援助するために「特別な観光客ビザ(STV)」のスキームの下で10月に入国する長期滞在の観光客を歓迎することを公式に承認した。

首相官邸副報道官のトリスリー・トレーサナクル氏は本日9月15日、観光スポーツ省が提案していた観光原則(当初は特別観光ビザと呼ばれていたが、以下の資格を持つ外国人観光客を対象としたもの)を閣議決定したと発表した。

1.タイに長期滞在するために旅行を希望する外国人(長期滞在旅行)。

2.タイ国内の公衆衛生対策を遵守する意思があることを認め、代替地検疫所(ALSQ)で14日間の国家検疫を行うことに同意した外国人。

3.タイ国内で代替国家検疫(ASQ)サービスを提供するホテル宿泊施設または病院宿泊施設への支払いの証拠を含む、タイ国内に長期滞在していることを証明する証拠を提供する外国人で、以下の証拠を少なくとも1枚提出すること。

    • 国家検疫後のホテルや病院の宿泊費の支払いを証明するもの
    • 外国人または外国人の家族が所有するアパートやマンションの所有権の写し
    • タイ国内の外国人がアパート、マンション、一軒家を購入した際の賃貸許可証のコピーや手付金の支払いの際のもの

上記の基準を持つ外国人で、公衆衛生省と関連機関によって決定されたコビド19の蔓延を制御するための行動を通過した者だけが、2,000バーツの費用がかかり、90日間持続するSTVビザの申請を許可されます。

期限が切れた場合、入国管理局はビザを2回まで、累計270日まで延長することができるようになります。この規制は当初、2021年9月30日まで適用されます。

副報道官はその後、このスキームは、国内経済、観光産業、関連観光事業を牽引するためにタイに旅行する潜在的な観光客を呼び込むことを目的としており、結果的にコビド-19パンデミックの間、タイ全体の市場成長のお墨付きを得ることができたと述べた。

また、政府の試算では、スキームが開始されれば、タイへの入国者数は週に100~300人程度、月に1200人程度になるとみている。

しかし、スキーム実施のための10月の正確な日付はまだ確認されておらず、計画は原則として承認されているため、利害関係者はまだ近くの大使館や領事館にサインアップすることはできません。その日付はまもなく発表されるだろう、とタイ内閣は述べた。

送信
ユーザーレビュー
3.86 (7 票)