ベトナムではほぼ2週間でコビド19の局所的な感染が確認されていない。

ベトナム

ミャンマーが新たな症例を発見し続け、タイとの国境での懸念をエスカレートさせる中でも、7月下旬からコビド19の第2の波に対処していたベトナムは、状況をコントロールしているように見えます。

本日2020年9月14日は、現地で流行し、輸入されないコビド-19コロナウイルスの新たな確定症例が12日連続で発生していない日となります。7月25日には人気観光都市ダナンで第2波が発生しており、ベトナム政府はウイルス対策に厳しい対応を迫られていました。

ダナンはロックダウンを行い、2人以上の集会の禁止、国内旅行の制限、重要ではない事業の閉鎖を命じ、場合によっては特定の地域や地域に「ハードロック」をかけ、人々を自宅や病院に閉じ込め、必要な物資を届けました。超厳格な措置は成功したようで、ウイルスをコントロールし、2回目の発生からの感染者のほとんどは主にダナンを中心に発生しています。

ベトナムはまた、大規模な接触者追跡システムを持っており、ウイルスのための義務的で大規模な検査とともに、ウイルスを抑制するために使用されました。さらに、コビド19の患者が3回連続して陰性であった後に病院から退院した場合でも、ベトナムではさらに2週間の自宅隔離が必要とされており、非常に保守的で慎重になっています。

ベトナムにおけるCOVID-19感染者数は1,060人にとどまり、そのうち691人が現地感染者である。死亡者数は35人で、大多数が複数の既往症を持つ高齢者だった。ベトナム政府は、ゆっくりと慎重に制限を解除し、ウイルスをコントロールするための措置を開始しています。

二度目の発生の正確な原因は明らかにされていないが、不法移民が原因であると考えられており、国は国境取締りを二重に強化している。

送信
ユーザーレビュー
5 (1 投票)