パタヤのウォーキングストリートで観光客から駐車料金を徴収し続けていた男たちを調査するよう当局に要請

パタヤ

パタヤ公式は、南パタヤのパタヤ・ウォーキングストリート付近で、正体不明の男性グループが観光客から駐車料金を徴収し続けていたことを受けて、地元住民に調査を促している。

この問題は、今月のパタヤで今月初めから明るみに出ていました。前回の記事の続きを読む こちら.

昨夜、パタヤ・ニュースの記者が他の地元記者と共にウォーキング・ストリート地区に行ったところ、パタヤ・ウォーキング・ストリート前の水汲み場近くの駐車場で正体不明の男たちがまだお金を要求しているのを発見しました。

ある男は、懐中電灯で手を振って車を駐車させ、お金を要求することに成功し、その様子がカメラに収められていました。このエリアの駐車場は、ビーチロードと同様に無料です。

地元住民はパタヤ記者会と共に関係者に直ちに調査するように促しています。

送信
ユーザーレビュー
5 (2 票)