バンコクのタイ王国入国管理局は、タイでの短期滞在を延長するために、許可された外国人のために移動式のオフサイトサービスを提供しています。

PHOTO.今日の投稿

バンコク

バンコクの入国管理局第一課では、タイでの一時滞在や帰国許可のためのビザ延長申請を希望する外国人のために、移動による出張サービスを実施しています。

昨日9月12日午前9時から学校や病院などで、外国人教師や学生、その信者、平日にイミグレーションに行くことができない人たちが、7月31日からすでにビザが切れてしまった後の延長短期滞在の申請をしやすくするための立会外サービスが正式に開始されました。

当局によると、週末と祝日のみバンコク周辺で運行されるとのこと。

PHOTO.今日の投稿

入国管理局第一課のピティ・ニティノンタセット警察少将は報道陣に対し、今回のモバイルサービスは外国人を円滑にするだけでなく、コビド-19の蔓延リスクを軽減し、入国管理局と関連する公共部門の連携を促進・強化するためのものであると語った。

また、体温チェックや社会的な距離感など、厳しい健康測定が手順全体を通して求められます。来場者と役員の健康と安全のために、来場者は常にフェイスマスクを着用しなければなりません。

PHOTO.今日の投稿

管理人は記者団にこう語った。"営業時間外のビザサービスは、仕事をしている外国人や国内に滞在しているが、営業時間内に入国管理局に連絡する時間を見つけることができなかった外国人を支援するためのソリューションです。"

"COVID-19の拡散防止につながる入国管理局内の混雑を回避するための良い対策でもあります。また、入国管理局と学校や病院などの関連公共機関との関係を促進し、強化することもできる。"

リモートビザサービスのために提供される場所の詳細については、ロイヤルタイ移民局のウェブサイト、または援助のための移民局への電話で見つけることができます、と警視総監は付け加えました。

写真提供。今日の投稿

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)