タイのモンスーンシーズンに発生した鉄砲水により、全国で死者と23,000世帯以上の被災者が出ており、当局は数千人の被災者への支援を急いでいる。

ナショナル

ここ数週間、モンスーンシーズン中の鉄砲水による被害が23州で報告され、全国で死者が出たり、ひどい被害を受けた家庭があるという。

防災・減災省は本日9月10日、8月20日から続いている鉄砲水、熱帯性暴風雨、土砂崩れにより、タイ北部と東北部を中心に2万3000世帯以上の家屋が倒壊したことを明らかにした。

大雨の最中に洪水で流され、アッパータイランドの少なくとも4人が死亡したと報じられた。

特にチェンライ、チェンマイ、メーホンソン、ナン、パヤオ、ランパン、プレー、ランプーン、ウッタラディット、ピッツァヌロク、スコータイ、ピチット、タク、ナコンパノム、サコンナコン、カラシン、コンケーン、ナコンラーチャシマ、アムナート・チャロエン、プラチンブリ、サラケウ、シングブリ、プーケットなど、全国のいくつかの地域を洪水が襲いました。

防災・減災局のチャヤポン・ティティティサック局長は記者団に対し、同局は浸水地域の水を抜くための給水ポンプを手配し、ボランティアと車を派遣して避難した村人を提供地域に避難させたと語った。

と事務局長は述べた。"当局とボランティアは、洪水で避難した数千人の人々に医療支援を急いでいる。食料やその他の物資も被災者に配布されている」と述べた。

"防災・減災局の当局者は、財務省に緊急支援を要請する前に、23州の浸水地域を訪問し、民間人の家屋、公共施設、農業地域、交通路などの被害の全体的な費用を見積もった。"

送信
ユーザーレビュー
4 (2 票)