兵士がシーラーチャの家で首を吊っているのが発見され、チョンブリでは今週3人目の自殺となる。

Si Racha-

編集部注:パタヤニュースはいつも自殺の話を取り上げているわけではありませんが、今日は世界自殺防止デーであり、この地域での自殺者の数は増加しているようです。 私たちが今日この記事を書いているのは、タイの経済状況やコビド-19危機の影響を受けた自殺者の多くが増加していることに注目し、助けを必要としている人たちに手を差し伸べ、支援を受けるように促したいと考えているからです。その方法についての詳細は、この記事の下の方にあります。 

兵士がシーラチャの家で首を吊っているのが発見されました。彼のガールフレンドが息子の誕生日に家に帰れないことに落ち込んでいたと言われています。チョンブリ地区では今週3人目の自殺があり、今日は世界自殺防止デーである。

昨日午後4時15分にSurasakサブ地区の住宅で発生した事件で、救助隊員が通報を受けた。

警察、救急隊、パタヤ・ニュースが現場に到着し、後にタイ王国海軍兵のアヌチャ・セットキットさん(24)と確認されたタイ人男性の遺体が発見されました。

遺体や部屋の中には争った形跡はなかった。警察は、遺体が発見される少なくとも5時間前に死亡したとみている。遺体は地元の病院に運ばれた。

アヌチャ氏の上司だったパタラフォン・ヌアンディップ氏(39)は警察に、アヌチャ氏は2週間前に帰国したと話している。アヌチャさんはタトゥーアーティストでもありました。

アヌチャさんがバンコクで働く彼女と電話で口論していたという話を近所の人が聞いた。

アヌチャさんは、息子の誕生日に恋人に帰ってきてほしいと思っていました。彼女は仕事があるので帰ることができませんでした。彼女は後で戻ると言っていましたが、もう手遅れでした。

パタヤニュースでは、落ち込んでいる方や援助を必要としている方が助けを求めることを奨励しています。我々は個人的にタイのサマリタンを支持し、サポートしています。

https://www.facebook.com/Samaritans.Thailand/

今日は毎年9月10日に当たる「世界自殺防止デー」です。前回の記事の続きを読む こちら.

 

送信
ユーザーレビュー
4.33 (3 票)