首相、コビド19流行時に国内経済を刺激するために他の長期休暇を設定することを計画している

ナショナル

政府副報道官のTraisuree Traisanakul氏は、プラユート・チャン・オチャ首相が国内観光と経済を活性化させるために、より多くの長期休暇を手配することを検討中であるとの発表をオンラインで発表した。

昨日9月8日の閣議で、首相は9月4日から7日までのソンクラーン代用長期休暇中に多くの国内観光客が全国に旅行に出かけることに言及し、その結果、地元企業のキャッシュフローと国内収入が増加したという。

以下のような人気の観光地もあります。 パタヤまた、4日間の連休にはタイ人で賑わっていました。

首相と内閣委員会は、したがって、彼らは潜在的にCovid-19パンデミックの時に国内観光を後押しするのに役立つように、追加の休日、おそらく今年を設定することを目指しています。

また、プラユート首相は、国内のビジネスや金融チェーンを再び機能させるために、タイ人には可能な限り国内旅行をするよう促している。近い将来、観光事情が以前のように回復することはないだろうが、タイ人を助ける最善の方法は、今のところ国内の観光ビジネスを継続することだと述べた。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)