何千人もの観光客がラーン島から戻り、パタヤエリアの休日の週末の後に家に向かい始める

パタヤ

パタヤニュースがこの週末に深く取材したように、この3日間はコビド-19コロナウイルスの規制と対策のために過去数ヶ月間パタヤに欠けていた活気のある雰囲気をもたらしました。

この記事の続きを読む前に、下をクリックして、それらの対策や詳細を見てみてください。

パタヤは休日の週末4日間でより賑やかになり、土曜日の夜は交通量が多く、人混みが見られます。

しかし、すべての良いことには終わりがあり、日曜日の夜の時点では、休日の週末の1日が残っているにもかかわらず、多くの人々が家に帰り始めました。ラーン島で週末を過ごした多くの人々は、写真のように今日の午後にバリ・ハイ・ピアに戻ってきた。

パタヤ市当局は、金曜日と土曜日だけで2万人がラーン島を訪れたと主張しています。その詳細は以下で読めます。

約20,000人の国内観光客が長い週末にラーン島に群がってきました。

週末は成功し、ホテルやシーフードレストラン、パンダ、インソムニア、ルシファーなどのナイトクラブなど、少なくともいくつかの地元企業が賑わいを見せていました。しかし、忙しい週末にもかかわらず、パタヤはまだ外国人観光客がコビド-19のパンデミックや国境規制のために入国を禁止されているため、危機的状況にあります。

我々は先週、いくつかの著名な地元のビジネスオーナーの懸念を詳述した広範な記事でこれをカバーしました。火曜日には、パタヤ市は再び現実に直面することになるでしょう。一つの明るい点として、パタヤ市の指導者は、音楽祭、フードフェスティバル、インドのお祭りなど、バンコクと他の国内観光客を誘惑するために、今後数ヶ月間、複数の週末イベントを開催することを約束しています。国際的な観光客が戻るかもしれないときのために、それはコヴィド19状況管理(CCSA)のためのセンターまでであり、いくつかの時間があるかもしれません。

歩行者天国のビジネスオーナーがパタヤの観光産業の "完全崩壊 "に警告を発しています。

送信
ユーザーレビュー
3 (1 投票)