タイ国際航空、特定の旅行ニーズを持つ乗客向けにヨーロッパとアジアへの18の国際線就航を開始

ナショナル

タイ航空はバンコクからの旅行を必要とする限られた乗客のための7 つの国際的な行先に18 の直行便を、商業Wiwat Piyawiroj の航空会社の副社長今週発表した整理した。

ミュンヘン、フランクフルト、ロンドン、パリ、コペンハーゲンを含むヨーロッパ5都市、アジア2都市の台北、香港へのフライトは、ヨーロッパ、台湾、香港にお住まいのお客様で、ご家族やビジネスのために帰国を希望される方や、留学を希望される学生の方のために運航されることがあります。

チケットはいずれも片道販売で、エコノミークラスが5,455バーツから36,090バーツ、上級クラスが25,215バーツから98,290バーツ。9月から10月までは、全路線とも限定便と座席数限定で運航しています。

ご興味のあるお客様は、航空会社のフライト予約にアクセスする前の限られた時間内に、渡航制限に従い、渡航先の国の要件に応じた個人的な書類や追加書類を準備する必要があります。ご質問は航空会社にお問い合わせください。

また、特定の国で足止めされたタイ人が帰国を希望する場合には、帰国便も用意されています。帰国便を予約する前に、現在住んでいる国のタイ大使館に連絡する必要があります。

タイ航空の担当者が電話でパタヤ・ニュースに語ったところによると、特別に手配されたフライトを利用したい乗客にとって、大使館への正式な登録は必須ではないが、事前に目的地の規制や要件を厳密に勉強することが推奨されているという。

これは、したがって、まだ商業飛行ではありませんが、唯一の旅行の重要な目的を持つ人々のためのより少ないフライト予約とデュープロセスを必要とします。

写真提供:タイ航空タイ国際航空

送信
ユーザーレビュー
1 (1 投票)