タイでは、現地でのコビド19の感染が確認されず、記録されていない状態が100日を迎えました。

タイ

今朝の時点で、バンコクのコビド19状況管理センター(CCSA)は、タイでは100日間、コビド19の局所的な感染が確認され、記録されていないことを確認しました。

また、スポーツスタジアムや学校は、州知事次第で社会的に距離を置いた群衆でのオープンが十分に可能であると述べた。チョンブリ県知事はすでに許可を出している。

本日、海外からのコビド-19の8例がリストアップされましたが、その大半は米国からの輸入品でした。輸入された4例は、米国から就労許可を得て帰国した外国人英語教師であった。

タイでは合計3,425人の患者がおり、3,274人が回収されています。58人が死亡しているが、数ヶ月間記録されていない。病院で治療中の症例が90例以上あり、CCSAによると、ほぼ全ての症例が無症状で検疫中である。すべて輸入された症例である。

事件の前に良いニュースがあったにもかかわらず、多くの評論家や一部の政府関係者によると、経済的な問題が拡大している。国際的な国境は閉ざされたままであり、国の人気と収益性の高い外国人観光産業は閉鎖されたままであり、全国的に深い懸念を引き起こしています。

公式の数字は労働省の発表で失業者は200万人にとどまっているが、タイの労働力の大部分は非正規とされており、バー業界の大部分を占めるようなスタッフの数は反映されていない。 専門家によると、本当の数字は700万人に近く、国境が閉ざされたままの状態が長くなればなるほど増加しているという。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)