タイ内閣、送還されたタイ人のための国家検疫費用のさらなる助成を承認

バンコク

タイ内閣は、送還されたタイ人のための国家検疫費用のさらなる資金提供を承認し、また、検疫プログラムを通じて過去数ヶ月間に入国したタイ人の数に関するデータを提供しました。

このプログラムは、タイ国内でのコビド19コロナウイルスの潜在的な感染拡大を防ぐために、タイ政府によって支払われた14日間の国家検疫所にタイ人全員が入ることを要求しています。タイでは今日までに100日が経過していますが、現地での感染が確認され記録された例は1件もありませんでした。 タイの国民はまた自費でより贅沢な代わりの状態の検疫のために支払うことを選ぶことができるが、帰国者のおよそ15 パーセントだけがそうしてしまった、タイの権限を言う。

タイ国営ニュース局より引用

政府副報道官のトレイサラナクル氏は、国防省に承認された第3次中央予算では、国家検疫のための民間施設の準備費用が賄われると述べた。3月7日から6月30日まで、2つの政府機関と30軒以上の民間ホテルが帰国者の検疫に使われた。国防省には、これまで2つの中央予算が割り当てられていた。フェーズ1が95000万バーツ、フェーズ2が9700万バーツであった。 

  外務省によると、7月1日から8月31日までの間にタイに帰国を希望するタイ人は2万2470人。防衛省は1万9577人を支援するための追加予算を要求している。首相は国防省が計4万1514人を収容する検疫施設の準備に充てるための中央予算を承認した。 

パタヤ・ニュースによると、タイ政府はコビド19コロナウイルスの駆除戦略の重要な一部として、国家検疫と厳格な国境管理を行っているとのことです。彼らの目的は、世界的に状況が改善されたり、ワクチンが見つかるまでの間、ウイルスが国内で局所的に拡散しないようにすることです。

承認されたカテゴリーの外国人を含む帰国希望者の増加に伴い、ここ数週間で追加の国家検疫や代替国家検疫が承認されている。

送信
ユーザーレビュー
5 (1 投票)