パタヤの63歳の男性が人々を笑顔にするために特別な魔女のバイクを作る

パタヤ

63歳の男性が魔女のほうきのように見えるようにデザインされた改造バイクに乗って最近パタヤを騒がせています。

プー・ヌと名乗るこの男は、数日前からビーチロードなどパタヤの日没前後に目撃されている。バイクには特殊なライトや巨大なほうき、ぶら下がり魔女の人形などのカスタマイズが施されており、暗い魔女風の服も着ているという。

プーニューは昨日パタヤニュースと簡単に話をして、多くの人々が落ち込んでいるので、彼はアイデアを得たと述べた観光都市である地域では、現在、Covid19状況と外国人観光客への国境に起因する悲しい、ほとんどの収入源は、閉鎖されている。

彼は、この困難な時代に少しでも人々に笑顔を届けたいと思って、カスタムバイクを作って乗り回しています。彼によると、反応は素晴らしく、多くの人が彼の足を止めて写真を撮ったり、おしゃべりをしたりしているという。

一瞬でも、人の心をウイルスから解放して笑顔にしてくれることが、ただただ嬉しいのだそうです。

彼は成功したようです、パタヤ・ニュースによると、彼が自転車に乗っているクリップはソーシャルメディアのアカウントで何十ものシェアと「いいね!」を獲得しています。

送信
ユーザーレビュー
5 (1 投票)