ビーチベッドの傘はパタヤビーチの毎日のサービスに戻って時間が長くなり、駐車場は議論されています。

パタヤ

パタヤ市役所はパタヤビーチで毎日ビーチベッドの傘サービスを許可しています。

今週、パタヤ市役所で会議が開かれ、パタヤ市副市長のマノット・ノンガイ氏が中心となって行われました。彼に参加したのは、パタヤとジョムティエンエリアのビーチとウォンアマートビーチのビーチベッドの傘のベンダーでした。

会議で結論が出た重要な問題の一つは、ビーチベッドの傘サービスを毎日午前6時から午後8時まで運営することが許されていることである。

パタヤビーチの場合、4ヶ月に1度、第3週目の火・水・木曜日の3日間はビーチベッドの傘は支給されません。これはビーチ全体の清掃のためです。これまでは毎週水曜日がビーチベンダーの休業日と清掃日でした。

ジョムティエンビーチ、プラ・タムナック、アジア、コージービーチでは、月の第2週はサービスがありません。

ただし、サービスのない日が週末や祝日の場合は、サービスを継続することができ、サービスのない日は別の週に延期されます。業者は、現地事務所のスタッフがビーチを清掃するために、ビーチから物品を撤去しなければなりません。

パタヤビーチのベッド、傘の販売業者とボートの運営者は、より多くのビーチ利用者を励ますために駐車料金を支払っています。パタヤ市役所はパタヤビーチを路上駐車に開放することを検討しています。

前回の記事の続きを読む こちら.

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)