Si Rachaの建設現場で手榴弾を発見 - ビデオ

Si Racha-

今日の午後、シーラチャの墓地で作業員が古い手榴弾を発見しました。

爆発物処理装置(EOD)の職員が現場に呼ばれました。

ピンと起爆レバーが取り外された古いMK2手榴弾だったと報告されています。しかし、EODチームによると、この手榴弾が実際にまだ爆発できるかどうかは不明であった。

EODチームはタイヤを使って手榴弾を非常に慎重に取り囲みました。手榴弾が当たったら大変危険だとのことでした。

最初に手榴弾を発見したAthisak Nissaiyapan氏は、約1週間前から墓地に壁を作っていたとパタヤ・ニュースに語った。昨日、地面からこの手榴弾を発見したという。

地元住民はパタヤ・ニュースに対し、この地域は以前の軍事キャンプであり、それが手榴弾の発生源になった可能性があると語っています。

送信
ユーザーレビュー
5 (4 票)