チェンマイの女性とその家族がコビド-19の陰性と診断された。

 

チェンマイ

  マレーシアでコビド-19の陽性反応が出たマレーシア人男性と交際していたチェンマイの現地人が、13日目の自己検疫中に陰性反応が出たとチェンマイ市伝染病委員会が発表した。

  昨日8月17日のコビド-19の最新情報を受けて、3月6日に旅行でバンコクを訪れていたマレーシア人男性(46歳)が、帰国後2週間後の8月5日にコロナウイルスの陽性反応が出ました。 彼がタイかマレーシアでコロナウイルスに感染したのかは不明でしたが、タイ当局はすぐに彼が最近接触した人を追跡し、検査を行いました。これまでのところ、すべて陰性であったため、当局は彼がマレーシアに戻ったときに感染したと考えている。

  タイの保健当局の調査で、名前が公表されていないこの男性は、ほとんどの時間を自宅のコンドミニアムで過ごしており、首都を訪れている間、タイ人のガールフレンドとつるんでいるところをよく目撃されていたことが明らかになった。

  名前も明かされていないこの女性は、先週チェンマイに帰国していました。彼女と彼女の家族は、チェンマイ当局が疾病管理局から警告を受けた後、コビド-19検査と自己検疫のためにナコンピン病院に連れてこられました。

  チェンマイ市伝染病委員会の関係者は、本日8月18日午後5時から、女性のウイルス検査について記者会見を開きました。彼らは、AP通信によると、地元の女性のウイルス検査は陰性で、今日で13日間の病院での自己検疫が終了したとのことです。

  チェンマイ州知事であり、伝染病委員会の委員長であるチャロエンリット・サンガンサット氏は次のように述べています。"結果は陰性でしたが、明日は自己検疫の最終日で、最後の検査を受ける予定です。もし結果が陰性であれば、彼女の家族も陰性であることを確認しています。

  一方、マレーシア人男性がこの病気にかかったのは、彼が母国に戻って最初に到着したときに陰性であったため、全体的には結論が出ていませんでした。 帰国後の渡航歴が不明なままだった。マレーシアへの帰国時に隔離されたかどうかも不明だった。マレーシア当局によると、男性は無症状である。

 

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)