パタヤ警察、ジョムティエンビーチで未知の液体を使った車両の破壊行為について警告

ジョムティエン

パタヤとジョムティエンビーチの警察は、ジョムティエンビーチエリアで駐車していた車に未知の液体で被害を与えた荒らしの報告を受け、地元住民からの手がかりを探しています。

Jintara Cheuaonさん(27歳)は昨晩8月16日(日)にパタヤ・ニュースに連絡し、彼女と彼女の家族が午後にジョムティエン・ソイ15のビーチにいた時に、未知の破壊者によって彼女の赤い車が被害を受けたことに注意を喚起するために連絡しました。

彼女の車の側面に発生した被害は、車両に投げつけられた腐食性の液体が原因のように見えました。

パタヤ市警察は事件を捜査していますが、この事件は地元では初めての事件ではないとし、容疑者を探すために地元住民に協力を求めています。

Jintaraさんはパタヤ・ニュースに対し、彼女は誰とも問題や論争をしたことはなく、なぜ誰かが彼女の車を狙ったのか想像もつかないと話しています。彼女は犯人が特定されることを願っています。

警察は地域のCCTVの見直しを試みるが、引き続き一般市民に支援を求める。

送信
ユーザーレビュー
4.5 (2 票)