カオカオカオオープンズーに新たにタピルの赤ちゃんが加わりました。

パタヤ

カオキョウオープン動物園では、園内の他の2匹のタピルとの間に生まれた真新しいタピルの赤ちゃんを迎えました。

赤ちゃんは元気で、現在は母親の近くに張り付いています。  カオカオカオオープン動物園のアタポーン・スリラン園長は、タイで絶滅危惧種に分類され保護されている動物を迎えることができたことを大変喜ばしく思っていると述べました。

タピルの赤ちゃんは、本日よりForests of Asiaの展示エリアでゲストが見ることができます。Athaporn氏は、生まれたばかりのタピールの赤ちゃんを見たいという需要は非常に高いと述べ、コビド-19コロナウイルスの脅威の可能性があるため、事前に予約をし、物理的な距離やその他のルールが守られていることを確認することを勧めました。

2020年6月1日に誕生したまだ正式な名前がつけられていない赤ちゃんは、今日が初公開日となりました。

 

送信
ユーザーレビュー
4 (2 票)