タイの経済指標は低下、家計負債は増加

バンコック】COVID-19パンデミックの影響で、雇用率や借金などの金融負担が経済やタイの生活費に影響を与えている。国の経済指標も低下している。

今後3ヶ月間の経済指標は37.4から36.8に低下すると予測されている。一方で、タイの家庭では、あらゆる面での変化、特に食費やエネルギーの資本コストが上がった後の製品やサービスのコストへの関心が高まっている。経済状況に大きな役割を果たす可能性のあるもう一つの要因は、COVID-19パンデミックの第二波の可能性である。

カシコン研究センターは、タイ銀行や政府が各種の金融支援を打ち出しているが、今年残りのタイの経済状況や生活費は緩やかに再生しているが、まだ脆弱な状況にあると予測している。

その主な理由は、雇用率の低さと世界的な景気の低迷です。

しかし、調査によると、第二のパンデミックの波が来たとしても、タイ国民の大多数は、まだ政府が発生の影響を受けた場所だけを封鎖することを望んでいることが分かった。

ソースはこちら。タイ全国ニュース局

送信
ユーザーレビュー
3.33 (3 票)