はい、パタヤとチョンブリの公共の場では常にマスクが必要です。

パタヤ

パタヤ・ニュースでは、ここ数週間の間に、一人で歩き回ることも含めて、外の公共の場ではまだフェイスマスクが合法的に義務付けられているのか、という問い合わせが住民から何件かあったという。

簡単に言うと「はい」です。

封鎖期間中、チョンブリ県知事は、コビド-19コロナウイルスの潜在的な広がりを抑制するために、県でマスクの着用を義務化することを決定しました。タイの全ての州でマスクの着用が義務化されたわけではなく、知事の裁量に委ねられていました。マスクの着用は、緊急事態令にも該当する特別命令の下で行われました。この法律に違反した場合、理論的には10万バーツの罰金や2年の懲役が科せられる可能性があります。

非常事態令が延長され続け、チョンブリ知事がマスクの要件を削除する新たな命令を発表しなかったように、技術的、法的な観点から、マスクは依然として地域で必要とされています。

実際のところ、公衆衛生省によるとマスク着用率は全国で約60%にまで低下しており、パタヤニュースの記者はパタヤではそれ以下であると推定しています。パタヤニュースでは何週間もマスクを着用していない住民に罰金が科せられたという報告を聞いたことはありませんが、ロックダウン期間中はかなり一般的で、私達に報告された平均罰金は約2,000バーツでした。 それにもかかわらず、法執行機関はマスクを着用していない場合、あなたを止めて責任を問う法的権利を持っています。

この時点では、緊急事態宣言が取り消されるまでは、マスク着用の法的要件はおそらく立っているだろう。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)