パタヤのウォーキングストリートは24時間通行可能だが、誰もがこの決定に満足しているわけではない。

パタヤ

世界的に有名なパタヤ・ウォーキング・ストリートへの車の乗り入れが24時間年中無休で許可されていますが、誰もが満足しているわけではありません。

ウォーキングストリートのオペレーターはパタヤ市政府に現在の試験を延長して、一日のうち何時でも車が通りに出入りできるようにするように要請したと報告されています。この試みはコビド-19コロナウイルスの影響で国際的な国境が閉ざされているため、観光客の不足で通りが空っぽになっていることから提案されたものです。ビジネスのかなりの量は、約60%と推定される、閉鎖されたままです。しかし、特にナイトクラブのいくつかは、トラフィックが減少してもまだ人気があります。

前回の記事の詳細はこちらをご覧ください。

https://thepattayanews.com/2020/08/06/walking-street-entertainment-association-asks-pattaya-city-to-continue-to-allow-vehicles-to-drive-through-the-street/

金曜日の夜のオープニングイベントは、パタヤ市副市長のロンナキット・イーカシング氏が中心となって行われました。

ロナキット副市長は、"このオープニングイベントは、タイ人と外国人観光客の両方を招待して、ウォーキングストリートを訪れることです "と述べた。

"今、長期的な試みとして、歩行者天国への車両の進入が認められています。"ロナキットは付け加えた。

"しかし、事故を防ぐためには一方通行です。"とロンナキットも言っていました。

しかし、ソーシャルメディア上のコメントはほとんどが否定的なものでした。多くの投稿者は、このエリアをより賑やかに見せ、多くの会場が閉まっている暗くなった通りを歩くよりも、理論的には駐車して好きな会場の前で降ろしてもらうことができるようにするという点に注目していましたが、実際には初日の夜は歩行者との交通量が多く、やや混沌としているように見えました。また、現在は路上駐車が許可されているため、車や歩行者のためのスペースが少なくなっている。

上の写真は、新政策の初日の夜0時頃に撮影され、様々なソーシャルメディアチャンネルに投稿されたもの。市当局者は、必要に応じてプログラムを調整すると述べており、特に駐車場に関しては、この地域がまだ安全であることを確認するために、必要に応じてプログラムを調整すると述べています。また、タクシーは通りを通ることができるが、閉鎖時にナイトクラブの前で待つことはできないと述べている。

ロナキット氏は、国境が再開され、外国人観光客が戻ってくることができるようになるまでの間、全時間帯の通行が許可されるのは一時的なものに過ぎないと述べている。残念ながら、その日はまだ遠いかもしれない。

送信
ユーザーレビュー
3.33 (9 票)