バンコク・ミッドナイトマラソン、外国人の参加を禁止したことを謝罪するも、ソーシャルメディアで激しい議論を巻き起こす

バンコク
バンコク・ミッドナイトマラソンは、昨日8月7日、12月中旬に予定されていたレースに外国人のエントリーを排除する「新常態政策」を導入したと報じられ、物議を醸していた。

削除されたが、広く共有されているソーシャルメディアアカウントのコメントには、ページ上の未知の管理者が、外国人の参加を許可するかどうかを尋ねる外国人に対して、参加しないと表明することで応答していることが示されていた。これは、タイの駐在員コミュニティによって、私たちのソーシャルメディアのフィードを含む、広く共有された広範な怒りにつながった。旅行ブロガーのリチャード・バロウ氏を含む著名な外国人数名は、この方針に注目し、外国人の参加を認めない方針がなぜ行われたのかを組織に尋ねるように、懸念する外国人に求めました。
通常のレースの方針については、参加者・主催者全員が 12月13日に開催されるイベント期間中は、社会的な距離感のルールを遵守し、発熱チェック、スクリーニング、マスクの着用などを適切に行ってください。
しかし、怒りを煽ったのは、タイ人ランナーのみが登録できるオンライン登録で、マラソン大会に定期的に参加しているタイの外国人コミュニティから人種差別の告発や疑惑が出てきたことだ。
多くのタイ人や外国人は、この政策を「見当違い」「人種差別的」とみなし、ネット上で怒りに満ちた反応を示した。
BMMレースのディレクターであるBoonperm Intanapasat氏はその後、夕方に謝罪文を発表し、"今回の決定は偏見なく行われたものであり、コビド-19の感染の可能性を最小限に抑えることを目的としているに過ぎない "と述べています。 謝罪文は以下からご覧いただけます。

"このコミュニティを侮辱することは、私たちが最後にしたかったことです。我々はすべての国籍の選手を愛しています。"謝罪文の一行は、ブーンパーマ・インタナパサート氏のものです。
その数時間後、登録に関する2つ目の発表がネット上に掲載されました。 駐在員ランナーのために、うまくいけば、彼らの多くは、主催者がどのように対処したかについてすでに不満を持っていたので、雰囲気を改善するために。

しかし、パタヤニュースのフェイスブックを含む英語圏のフォーラムでは、謝罪文に対する全体的な反応は否定的でした。 多くの外国人は、現在この国にいる全ての外国人が3月に国境が閉鎖されてからここにいるか、または再入国するために2週間の検疫を受け、コビド-19の検査を複数回受けていると指摘しています。もう一つのポイントは、旅行歴のある人の中で、帰国したタイ人の数が外国人よりもはるかに多く、帰国時にコビド19の陽性反応が出たということである。

状況を複雑にしているのは、もう一つの人気マラソン大会であるチェンマイマラソンも、現在はタイ人のみの登録となっており、10月には外国人の参加を認めるかどうかを検討していると報じられています。これもまた、今日の午後の時点で、ソーシャルメディア上で怒りと白熱した議論を引き起こしている。伝えられるところによると、彼らは、理由は利用可能な限られた位置のためであり、社会的な距離のルールのために、しかし、批評家は、すべての外国人のブランケット禁止ではなく、これを処理するための他の方法があると述べています。

マラソンの状況は、コビド19の状況の開始以来、外国人を禁止するいくつかの著名なイベント、寺院、さらには国家バスサービスに続いて、多くの公然とそれがコビド19の "恐怖 "によるものであったと述べている。さらに、外国人のますます声の大きい数は、様々なソーシャルメディアのフォーラムと共に、外国人、特に労働許可証を持っている人と納税し、タイの家を呼ぶ人を、タイの国民よりも、外国人に請求する場所を「呼び出す」ために、#2pricethailandのオンラインハッシュタグプログラムに参加している。

注目に値するのは、タイの著名なジャーナリストや作家の多くは、ThisruptやBangkok Postに関連する人々のように、この慣行を人種差別主義者として非難し、コビド19の「恐怖」のために外国人を禁止する場所やイベントの数は見当違いであり、タイのイメージを傷つけていると述べていることだ。

パタヤニュースはこの問題について読者の皆様からのご意見をお待ちしております。下記のコメント欄にご意見をお寄せいただくか、ご意見をお書き添えの上、[email protected] までお送りください。

送信
ユーザーレビュー
1.8 (5 票)