バンコクの繁華街で窃盗と暴行の容疑で外国人の男2人を逮捕

バンコク

  イラクとシリアの二人の男、名前だけが出ている。 りしょうあん そして ガーサンは、バンコク警察に指名手配されていました。 バンコクのソイナナに住む2人の男に夫と3歳の息子が暴行を受けたとする報告書を地元住民が提出したことを受けて

  男性はまた、7月3日(月)の夜に滑り去る前に暴行の間に夫のApple Watchを盗んだとされています。 それは、疑惑の暴行の内容が何に関するものであったかについては、バンコクの警察によって報告されていませんでした。

  警察官が捜査を開始し、家宅捜索を行った。 スクンビット・ソイ1にあるルショーンさんのコンドミニアムだが、容疑者は出て行ったようだ。盗まれた時計は部屋から発見され、被害者が確認したという。

  後日の捜索では、外国人容疑者がこの地域に滞在している他の外国人観光客に対して窃盗行為を行っていたとの疑惑がたびたび浮上していた。20歳のRshoanの以前の報告書には、38歳の友人Ghassanが2018年に人身売買で逮捕されたと報じられている間に、彼はタイに不法入国していたことも記載されていた。

  2人の逮捕は、他の地元住民からの手がかりが成功した後、今週バンコクで最終的に行われました。両容疑者は更なる捜査のためにルンピニ警察署に拘束され、当初は以下の容疑で起訴されました。 窃盗と身体的暴行 

  タイ王国第1軍の副長官を務める警察のパクポン・サイボル中佐は昨日8月6日、Associated Pressの取材に対し、ルショアンはタイへの不法入国の罪でも起訴され、ガーサンは事件が解決するまでタイに留まるよう裁判所から命令されていたと語った。両方の男性は警察の拘留に残り、中尉大佐Pakpong によると。

送信
ユーザーレビュー
4.4 (5 票)