ヘルメットを着用していないバイク運転手がシーラチャ事故で負傷

Si Racha-

スラサク警察によると、ヘルメットをかぶっていなかったバイクの運転手が、水曜日にスラサク小地区で事故を起こし、重傷を負ったという。

水曜日の午後4時にソイ・ボコクで事故が発生したことが救助隊に通知された。

現場に到着した2人は、30歳前後の身元不明の男性運転手を発見。頭部に重傷を負い、路上で痛みで横たわっていたという。地元の病院に搬送され、治療の手当てを受けた。

レスキュー隊員は近くで150ccのバイクが破損しているのを発見した。近くの電柱に髪の毛や傷が見つかったことから、救助隊員はスピードが事故の要因と考えている。

事故の目撃者はいませんでしたが、スラサック警察は、運転手が電柱に衝突する前にバイクをコントロールできなくなったと考えています。スラサク警察は、事故の正確な原因を突き止めるために捜査を続けており、周辺のCCTVを確認する予定です。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)