ウォーキングストリートエンターテイメント協会、パタヤ市に車の通行を許可し続けるよう要請

パタヤ

ウォーキングストリートエリアのオペレーターは、パタヤ市政府に対し、一日のうち何時でも車が通りに出入りできるようにするため、現在の試験を延長するよう求めています。

パタヤ市長ソンタヤ・クンプルーム氏への要請は、パタヤ・ウォーキング・ストリート・エンターテイメント協会のナリット・ペチャラート会長が中心となって行われました。

先月初めから先月末の2020年7月まで、パタヤ市では試験的に歩行者天国エリア内への車両の進入を許可していましたが、この度、歩行者天国エリア内への車両の進入を許可しました。

要求は、パブ、ナイトクラブやバーがCOVID-19の状況の間に閉鎖され、先月再び再開された後に続いています。多くのビジネスは閉鎖されたままで、外国人観光客の訪問が許可されていないため、足の交通量は通常の状況よりもはるかに低いレベルにある。

パタヤ・ウォーキングストリートの運営者は、パタヤ市に対して、ウォーキングストリートの経済活動を活性化させたいと考えており、交通量があることでこの地域をより活気あるものにしたいと考えており、車の通行許可を延長するよう要望しています。彼らはまた、オープンしているディスコやナイトクラブに行きたいパトロンのために、閉鎖された会場の前に路上駐車を許可することを検討しています。

写真: パタヤPR

送信
ユーザーレビュー
3 (4 票)