タイの北部・東北地方は、シンラク暴風雨による洪水と被害から回復しています。

タイ北部・東北地方では、シンラク不況による危険な被害が発生している。

タイ

  先週末には鉄砲水と大雨がタイ北部と東北部のいくつかの地域を襲った。 何千もの家や畑が浸水しました。チェンマイとチェンライを結ぶ重要な道路を含む 道路や橋が寸断されました 多くの地区が洪水で浸水しました

  タイの防災・減災局によると、この暴風雨は13の州で被害をもたらし、2万世帯以上に影響を与えた。ノングブア・ランプー、フィッサヌロク、ウドンタニに住む3人も洪水で死亡した。タイ政府はプレスタイムの時点では、被害額の正確な見積もりはまだ発表していない。

  シンラクと名づけられた熱帯性暴風雨が最近、国内から遠ざかった後、悲惨な状況は後退する可能性が高い。いくつかの地域の水位は、交通機関のサービスが再開され、地元住民が回復とクリーンアップへのゆっくりとした痛みを伴う道を始めるのに十分な低さに下がっている。地滑りはNan を含むある地方で、報告され、チームは引き起こされた損傷から回復し続けていた。

  洪水と暴風雨で最も大きな被害を受けたロエイ省の関係者は現在、救援活動の調整を始めており、地域住民に物資を届けたり、被災地に出張したりして、全体的な復旧活動を支援しています。

  北部や北東部の全ての県が安心しているわけではありません。チェンマイのサンサイ(San Sai)地区のいくつかの村の水位は依然として高く、地元の人々の生活に困難をもたらしています。チェンマイの関係者によると、救助隊は、この地域の住民に水、食料、必要な物資を提供するために支援を行っています。

  さらに悪いことに、タイの洪水の状態は予報が水曜日のタイの気象局に従って北及び北東のすべての地域のためのより多くの雨の来週のチャンスを、明らかにするので、再発するかもしれない。

  気象庁は8月5日(水)、以下のように述べています。 来週はモンスーンの雨が降るとの予報が出ているため、鉄砲水や豪雨が増える可能性があります。 北東北東南地域.

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)