パタヤで100人以上のグラブドライバーが給与システムを巡って抗議

パタヤ

今日の昼下がり、南パタヤの駐車場にあるビッグCの裏には100人以上のグラブドライバーが集まり、補償プランに抗議していました。

グラブのドライバーがパタヤで抗議行動をしたのはこれが初めてではありませんでした。彼らは以前にも昨年11月に2回集まりました。

https://thepattayanews.com/2019/11/24/grab-drivers-in-pattaya-protest-again-refuse-to-deliver-to-customers-over-benefits-and-pay-disagreement-with-management/

GrabのドライバーであるNarong Sak Suksanguanさん(30歳)によると、会社は以前の抗議活動の後、いくつかの調整を行っていましたが、Covid-19の危機以来、ほとんどすべてが以前の状態に戻っていたとのことです。

彼は、彼と他のドライバーはコビド19の影響を理解していたが、彼らが行っていた配達の数は大幅に増えたが、彼らの給料は増えていなかったと述べた。

彼は、会社はボーナスプログラムを導入し、食事やガソリンの割引などの特典を導入したが、ドライバーが本当に望んでいたのは、1回の配達あたりの平均賃金を30バーツから35、40バーツに引き上げることだったと述べた。 彼はまた、ボーナス制度は実際にボーナスを得ることを非常に困難にしたと主張している。

ナロン氏は、追加の特典があったとしても、ガソリン代を含む生活費が高すぎて、現在の給与システムでは家族を養うことができないと主張しています。彼はまた、パタヤの人々が経済的に困難を抱えており、多くの人々がチップを援助する資金を持っていないため、チップは激減していると述べました。

報道によると、水曜日の午後にはパタヤエリアの多くの顧客が食事の遅延やキャンセルを余儀なくされたと伝えられています。

送信
ユーザーレビュー
3.5 (6 票)