タイ政府は、外国人の入国を増やす方法を見つけることに関して、経済と安全のバランスを取る方法を模索しています。

バンコク

- タイのプラユット・チャン・オチャ首相は、CCSAの厳格な措置の下で外国人の入国を許可するガイドラインを作成するよう関係機関に指示したが、政府は先月ラヨーンで発生したCOVID-19事件の後、8月24~25日に移動閣僚会議を開催して国民の信頼を高めようとしている。

副首相兼公衆衛生大臣のアヌティン・チャーンビラクル氏は、首相が経済活動を進めるために、外国人の入国を安全に許可する方法を見つけるよう、COVID-19状況管理センター(CCSA)と公衆衛生省に指示したことを発表した。

外国人の入国を可能にするための取り組みは、まず商談を行う貿易関係者や特定の機械の技術者、設置者を対象としているが、これらの者は一般的に14日間の検疫期間よりも短い期間での入国となる。

限られた外国人の到着を許容することは、公共の安全を確保し、地域経済の活性化に役立ち、14日間の検疫に入る必要がある人々の間で不公平な扱いに対する苦情を提起することなく、すべての側に受け入れられるバランスを取らなければならない。

また、民政・保健相は、同省の国民の信頼を高めるため、8月24~25日に内閣がラヨーンで移動会議を開催することを明らかにした。

パタヤ・ニュースによると、政府が経済と安全のバランスをとるために努力しているにもかかわらず、タイの多くのトップドクターは 隴を得ても再開通すれば第二の波は避けられないと政府に警告し続けている。.

出典、タイ政府公式プレスリリース https://thainews.prd.go.th/en/news/detail/TCATG200805093714032

送信
ユーザーレビュー
4.25 (4 票)