サ・カエオでの夫と妻の殺人・自殺

サ・ケオ

サカエオ市で61歳のタイ人男性と44歳の妻が、サカエオ警察によると殺人・自殺事件の後に死亡しています。

事件は昨日の朝6時頃、Ban Mai Nong Sai地区のSeng Rungrueang村2付近で最初に報告された。警察のタクシン中佐と救助隊員が最初に現場に駆けつけた。

44歳のヌエンタイ・クロムクラオク夫人が、自宅前で首にナイフが埋め込まれたまま死亡しているのが発見された。彼女は道路の真ん中で車の前で殺害されていた。

目撃者によると、ヌンゲンタイ夫人の息子であるデチャ・チャイブンチャン氏(26 歳)が犯人であることが確認された。ソムソン氏は、救助隊が最初に現場に到着した時、道路に座って救助隊を観察していたが、警察が到着するとバイクで逃走したと報告されている。

ソムソンさんはしばらくして近くの雑木林で発見され、除草剤を大量に摂取したという。警察によると 死因は自殺とのことです

亡くなった女性の息子デチャさんは、夫婦はよく喧嘩をしていたと話している。また、ソムソンが母親にナイフを突きつけたのは今回が初めてではないと主張している。また、このような状況では、妻が年下の男性と浮気をしていると考えていたことや、最近の飲酒運転事故の影響で健康上の問題や法律上の問題で取り乱していたとも言われています。

紛争の正確な原因は、報道された時点ではまだ警察による調査中だった。

写真 77kaoded

送信
ユーザーレビュー
5 (2 票)