100歳のパタヤ在住者が香港人から新しい電動車いすとその他の寄付を受けました。

バンラムン

数人の香港人がパタヤ地区で一人暮らしをしている100歳の女性に電動車椅子を寄付しました。彼女は最近タイの関連報道で、Covid19の危機が彼女の生活をより困難にしたことを取り上げていました。

100歳の老婆、ソピット・ロショムさんは、政府からの標準報酬である月1000バーツだけで一人暮らしをしています。平時であれば、彼女は地元の慈善団体や寛大な個人に頼って収入を補い、基本的なニーズのケアをしていましたが、コヴィド19の危機がタイをはじめとする世界の組織を襲ったときには、彼女の生活は大きく変わりました。しかし、Covid19の危機がタイと世界の残りの部分を襲ったときに、組織や個人が彼女をサポートするためにそれがより困難であることを発見し、彼女は、多くの人が苦労し始めたように。

一生一人暮らしをしてきて、精神的にも健康であるが、近年は歩くのに苦労しており、収入のほとんどが食費になってしまったため、車椅子を購入したり、他の適切なサポートを受ける資金がなかった。

多くの人々は、彼女の物語が以前に関連する報道機関に掲載された後、彼女の基本的な生活費のために食料や必要なアイテムを寄付しました。

香港籍のタイパンさん、カマンさん、マルジェラさん(姓は不明)は今週、彼女の窮状を聞き、生活の質を向上させたいとの思いから、新しい電動車いす、扇風機、炊飯器、食べ物をノンプルエに寄贈しました。

近所の人たちはパタヤ・ニュース紙に「多くの人が彼女を助けてくれたことがとても嬉しい」と話している。彼女はとても幸せな気持ちになり、強く感じ、人生を楽しみ、もっと長く生きたいと語った。ソピットさんは報道陣に、彼女は独立したままでいたいと述べ、一人暮らしを楽しんでいたが、友人との付き合いでは豊かだったと述べた。どうやってそんなに長く生きてきたのかと聞かれたとき、彼女は、良い食事、良い友人、楽観的な態度のおかげだと答えた。

彼女はまた、彼女はCovid19について心配しているかどうかを尋ねられ、彼女は単に彼女がこれだけ長く、はるかに悪化してきたし、彼女は怖くなかったと答えた。

送信
ユーザーレビュー
5 (1 投票)