ハワイでの訓練から戻ってきた151人のタイ人兵士がパタヤで検疫を受けています。

パタヤ

アメリカ・ハワイでの訓練から帰国したタイ人兵士151人がパタヤ地区で国家検疫に服しています。

兵士たちは昨夜10時頃、ジョムティエンのアンバサダーシティホテルに到着しました。彼らは全員、ガーデンウィングの建物で14日間の隔離状態に直面することになります。Yuthachai Chaiyathong少将は、兵士たちが滞在中に検疫室から出ることが許されないことを確認し、厳しい規則と規制の下にあることを確認した。

合計11人の兵士が昨夜、さらなる調査のために近くの病院に運ばれた。兵士のうち10人は到着時に高熱が出たと報告され、1人は指を骨折していたという。 兵士たちは、隔離された滞在中にコビド19の検査を受け、フルタイムの医療スタッフと軍のスタッフが訪問を監督しています。

兵士たちはライトニング・フォージ2020と呼ばれる軍事演習のため、7月1日から7月21日までハワイで過ごしていました。彼らは昨日の夕方、特別にチャーターされたタイ航空のフライトでタイに戻ってきました。スルースクリーニングの後、彼らはアンバサダーホテルに連れて行かれ、より多くのチェックに提出され、その後、彼らは次の14日間、訪問者や公共の相互作用なしで、残っているだろう検疫に入った。隔離期間が終わると、兵士たちは家族を訪問することを許され、その後、現役の任務に復帰すると報告されています。

 

写真クレジット:77kaoded

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)
前の記事ビアバーでバイクを盗んだ容疑者を逮捕
次の記事反政府デモはレームタンで大群衆を従えてチョンブリにやってくる
アダム・ジャッド氏は2017年12月よりパタヤニュース英語の共同オーナー。アメリカのワシントンD.C.出身です。彼のバックグラウンドは人事とオペレーションの分野で、10年前からニュースとタイに関する記事を書いています。彼はパタヤにフルタイムで6年半以上住んでおり、地元ではよく知られており、10年以上前から定期的にパタヤを訪れています。オフィスの連絡先を含む彼の全連絡先情報は、下記のお問い合わせページに掲載されています。 ストーリーは、電子メール Pattayanewseditor@gmail.com をお願いします。 私たちについて: https://thepattayanews.com/about-us/ お問い合わせ: https://thepattayanews.com/contact-us/