タイ国家安全保障会議、緊急事態宣言を1ヶ月延長する提案を承認

バンコク

国家安全保障会議とCCSA(コヴィド19状況管理センター)のメンバーの会議で、両当事者は今日の午後、緊急事態宣言を延長する提案を承認しました。

政令は政府と首相のプラユット・チャン・オー・チャに大規模な権限を与えた。政府は、これらの権限により、コビド19コロナウイルスの状況をより良く管理することができるとしている。政令に反対する人たちは、タイでは55日以上も局所的に感染が広がっておらず、タイ国民の送還や外国人の検疫などの問題は他の法律で処理できるので、今は必要ないと主張しています。

政府は、まだ世界中で猛威を振るっているパンデミックのために、より多くの段階では、法令が必要であることをCovid-19コロナウイルスを制御するために導入された規則や規制を緩める周りに計画されていると述べています。彼らはまた、既存のルールでは、適切に状況を制御することができないと述べているし、地方知事による「断片的な」解決策につながる可能性があります。

どのような規制や制限を緩めるかを決定する委員会のトップは、Somsak Roongsitaは、法令の延長は、コビド19に感染した国の国家検疫免除の2人の外国人の最近のケースとは何の関係もないと述べている。1人は、43歳のエジプト人兵士で、ラヨーン省のショッピングモールを7月11日に訪問してパニックを引き起こしたが、今日の時点では新たな感染症の兆候はない。

タイのメディアに対する法令を延長することに反対する人たちは、この法令が、タイ政府の政策に抗議するために先週末に大規模な群衆が集まり、再び始まった反政府デモを抑制するために使われる可能性があることを恐れている。政令には、大規模な集会の禁止と、違反した場合の厳しい罰則が含まれている。

パタヤでは、この政令は、娯楽施設の閉店時間が遅くなることや、特別なルール設定など、多くの利点を可能にする特別な行政上の地位を持つ市を優先しています。現在、全てのナイトライフ施設は国家命令により深夜に閉店することになっています。

政令の延長案は最終的なものではなく、延長すると広く予想されている首相の承認を必要としている。首相は明日7月22日(水)に提案を検討する予定だ。

送信
ユーザーレビュー
2 (4 票)