タイ政府、高齢者、乳幼児、障害者へのCovid-19の支払いを3000バーツで開始

バンコック-社会開発・人間の安全保障省(MSDHS)は本日、乳幼児、年長者、障害者へのCOVID-19補償金の支払いを開始し、それぞれ3,000バーツの支払いを受けた。

Juti Krairerk社会開発・人間の安全保障大臣は本日、Comptroller General Departmentが人口の脆弱なグループへのCOVID-19補償の処理を開始したことを明らかにし、対象者の総数は約600万人に上ることを明らかにした。

資格のある人は、資格に加えて毎月1,000バーツの追加支給を累積した金額である3,000バーツの一回払いを受け取ります。この金額は、MSDHSのデータベースに記録された銀行口座に自動的に入金されます。

要件として、フリーランスや非正規労働者へのラオマイティンガン支給、農民補償キャンペーン、国家福祉カードの所持者など、政府による他の補償キャンペーンの恩恵をすでに受けている人は対象外となります。

脆弱な人々を支援するキャンペーンでは、乳幼児が1,394,756人、長老福祉の受益者が4,056,596人、障害者のIDカード保持者が1,330,529人となっています。

ソースはこちら。タイ全国ニュース局

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)