パタヤプレスがサッカーの親善試合でパタヤ警察と対戦

パタヤ
パタヤ市警とパタヤニュースの記者数名を含むパタヤの記者との親善サッカー試合は、3対3の引き分けに終わった。

昨日、エサン・パタヤ協会のサッカー場で、警察署長のケンマリン・ピッツァマイ大佐率いるパタヤ市警とパタヤ市警察委員会のメンバー、パサック・スリチャン率いるパタヤ市の元メンバー対パタヤの記者の試合が行われました。

パタヤ市警察署長のケーマリン・ピサマイは仕事と遊びを同時にしようとしています。

パタヤニュースの数人の記者はまた、タイの編集長バンクコンバとスマート "ロス "トンサームに率いられて演じました。

試合は3対3の引き分けに終わった。双方は近い将来、再び対戦することを約束した。この活動は、フィットネスを奨励し、地元の警察と報道関係者の間でより緊密な関係を構築することを目的としています。

以下に試合の様子を動画でご紹介します。パタヤプレスは黒のシャツに緑のソックスを履いています。

https://youtu.be/yNb617w2cfg

送信
ユーザーレビュー
1 (1 投票)