チョンブリで検疫中の56歳のタイ人男性、心臓発作の後に死亡を宣告される

チョンブリ

Center for Covid-19 Situation AdministrationまたはCCSAによると、最近インドから送還されていた56歳のタイ人男性が昨日、チョンブリの州検疫室から病院に搬送された後、死亡を宣告されたという。死因はコビド-19ではなかった。

この男性は7月10日にインドからタイに到着し、11日に大量の発汗や不快感などの症状が出始めた。地元の病院に運ばれたところ、心筋梗塞(心臓発作)であることが判明した。CCSAによると、この患者は糖尿病と腎臓病の既往歴があったという。

妻は夫の死を知り、検疫所の職員や医師が夫の世話をしてくれて病院に駆けつけてくれたことに感謝したと報じられています。タイでは、すべての送還されたタイ人は、自宅に戻ることを許可される前に、強制的な14日間の国家検疫を行わなければなりません。これらの予防措置は、コビド19の拡散を防ぐためのものである。

写真.ストックCovid-19写真

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)