ハングリーナウ、ファビュラス103FM、パタヤニュースが週末にパタヤの貧困層を支援

パタヤ

ハングリーナウは、地元メディアのパタヤニュースとファビュラス103FMの支援を受けて、先週末にパタヤの貧しい人々に水とフェイスマスク付きの2000食を配りました。

パタヤは7月1日にコビド-19コロナウイルスに関連して閉鎖された後、4ヶ月間閉鎖されていた多くのビジネスを再開することを許可しました。しかし、タイはコビド-19の状況が世界的に猛威を振るっているため、多くの観光客を中心とした場所が廃業し、多くのオーナーが観光客が国に戻れるまで閉鎖したままでいることを決定しました。

パタヤ市役所は、パタヤ市全体の総収入の約80%がホスピタリティと観光産業によるものであると何度も述べています。都市のホテルや娯楽施設の約半分がオーナーの選択により閉鎖され、多くの人々が仕事を失ったままであり、多くの人々はまだ生活に苦労しています。Covid-19 コロナウイルスの間に市に市役所を含む民間の個人、企業および市の組織の数十が、食糧および供給を配っていた。しかし、今ではそのほとんどは中止されていますが、地域社会にはまだ本当に必要とされているものがたくさんあります。

チャリティーイベントは今週末の土曜日と日曜日の午後5時から、パタヤ・クラングのソイ9にあるTwo Lions Pub and Restaurantにあるハングリー・ナウのオフィスの近くで行われました。 2日間で合計2,000食の炊きたての食事が配られました。ハングリーナウ、パタヤニュース、ファビュラス103FMは、地元のコミュニティや必要としている人たちを支援することを約束しています。

Hungry Now CEOのMikael Lofberg氏とパタヤニュースのオーナーであるBryan Flowers氏、Adam Judd氏、Fabulous 103 FMのCEOであるThomas Robson氏がイベントを開催しました。

ハングリーナウのスタッフが料理を準備して配り、ファビュラス103FMとパタヤニュースが事前にイベントを宣伝し(特にタイのソーシャルメディアで)、スタッフと一緒に写真を撮ったり、イベントを撮影したりしていました。

イベントの様子を動画でご紹介します。

送信
ユーザーレビュー
2.33 (3 票)