灌漑作業員がチャンタブリの大規模な蜂の巣を乱し、1人が死亡、6人が負傷した。

チャンタブリ

昨日、チャントゥブリの道路脇で草刈りをしていた灌漑作業員が、誤ってミツバチの大きな巣を壊してしまい、女性1人が死亡し、他の6人の灌漑作業員が死亡した。

コ・ペリド警察のピヤチャート・クラナン氏は、昨日の午後、レーム・シング地区のチャレム・ブラパ・チョンティット通りの近くで事件が発生したとの情報を得た。 43歳の女性、ノングヌッチ・タンマンさんは、ハチから逃げようとして近くの湖に逃げ込み溺死した後、現場で死亡を宣告された。救助隊員によると、彼女は何十回も刺されていたという。

タンマンさんの共同作業員であるチャル・ブンブンチュさん(70)は、タイ王国灌漑局の作業員グループが道路脇の草や枝を刈っていたと関連報道に語った。ノングヌッチさんが枝を切っている間、ミツバチの巣に気づかず、枝が巣に当たり、巣を怒らせてしまった。7人全員が何度も刺されて逃げたが、Nongnuchさんは刺されたことで被害を受けた。救助隊員は、彼女は蜂から離れて取得しようとするために湖に実行している間に刺され、溺死の組み合わせとして死亡したが、痛みと溺死から意識不明に陥った後に持っているように見えたと述べた。 Sakchai Sのビデオはここで見ることができますが、一部の視聴者には不快な画像が含まれているため、敏感な視聴者には注意が必要です。

チャル氏を含む他の6名の作業員は、医療支援と治療のためにレームシン病院に搬送された。 救助隊は、蜂の巣は人口の多い地域にあり、当局は他の人々が負傷する可能性があるため、訓練を受けた養蜂家によって安全に撤去、移転、処理されると述べた。

 

写真77kaoded、パタヤニュースチームがタイ語から翻訳して書いたものです。

送信
ユーザーレビュー
3 (1 投票)