米外交代表団がトップ会談のためタイに到着、厳重な注意事項に直面

バンコク

ジェームズ・マコンビル米陸軍参謀総長を団長とする6名の米国外交代表団は、今後2日間にわたり、タイのアピラット・コンソンポン将軍とプラユット・チャンオチャ首相と会談し、厳重に管理された訪問を行うことになった。

今回の訪問は、コビド19の危機が始まって以来、初めての公式な外交・外国訪問となります。代表団はタイ国内で14日間の強制的な検疫を受けることはないが、コビド19ウイルスに感染していないことを確認するため、複数の予防措置とチェックを受けている。批評家は、ソーシャルメディア上でこの訪問について過度に否定的であり、二重基準の疑惑を訴えている。

タイ政府と米国当局者の両方によると、代表団はアメリカで14日間の検疫を受けた後、コビド19のテストを受けてシンガポールに飛んだという。シンガポールで追加のCovid19テストを受けた後、タイに飛んだ。上の写真は、米軍とタイ公衆衛生省の許可を得て公開されたもので、今朝、タイで代表団に別のコビド19検査が行われている様子を示している。

6 人のメンバーの代表団は、設定された会議と事前に設定されたアジェンダのために個人的に移動することのみが許され、公共交通機関の利用や公共の場所を訪れることは許されない。彼らは常にマスクを使用しており、保健当局者が同行します。彼らは出発前に追加のコビド19検査を受ける。

アピラット将軍は一部メディアで、タイに米軍基地を建設するという噂を強く否定し、フェイクニュースであり、外交的に危険な可能性があるとしているが、ハイレベル会合の正確な目的は明らかにされていない。

今回の訪問で使用された注意事項や手順は、今後の代表団や外交訪問のための恒久的なガイドラインとなるだろう、と保健省は付け加えた。

タイでは、40日以上にわたってコビド19の局所的な感染が確認された例や記録された例はなく、現在はリスクが低く「安全」であると考えられている同国での二次感染を避けるために重要な予防措置を取っています。

送信
ユーザーレビュー
1 (1 投票)