公衆衛生大臣タイは2021年初頭までにコビド-19ワクチンを準備できる可能性がある

バンコク

タイのアヌーチン・シャルンビラクル保健大臣は本日の記者会見で、数種類のコビド-19ワクチンの可能性のあるワクチンのテストが順調に進んでおり、2021年初頭には最初のワクチンが準備される可能性があると述べました。

バイオネットアジアとの合弁事業では、DNAベースのワクチンを開発しており、Anutin氏によると、抗体反応試験ではすでにマウスに大きな進展が見られているとのことです。

Bionet-Asiaは、タイ・フランスの民間企業です。

アヌティン氏によると、タイは世界で最初にコビド19のワクチンを開発した国の一つになる可能性があるという。彼は、成功した場合には世界と公式を共有するだろうが、最優先事項はタイの人々であると述べた。

タイでは現在、全6種類のワクチンの開発に取り組んでおり、ワクチン探しに医療力のかなりの部分を割いています。その6種類とは、DNA、mRNA、タンパク質サブユニット、ウイルスライク粒子(VLP)、不活化ウイルス、ウイルスベクターである。チュラロンコーン大学はmRNAワクチンに取り組んでおり、最近ではサルを使った試験でかなりの進展が報告されています。

アヌーチンは以前、タイでの人体実験で初めてワクチンを注射された人を志願したことがあります。

送信
ユーザーレビュー
5 (2 票)