U-Tapeo、タイで3番目の真の国際空港に空港を拡張する契約を正式に締結

バンコク

昨日の午後、タイのプラユット・チャン・オチャ首相が監督する式典で、タイ東部経済回廊事務所とU-タパオ国際航空会社(UIAC)との間で、U-タパオ空港を真の国際空港にするための契約が締結されました。

バンコク航空が45%の株式を保有する筆頭株主であるBBSジョイントベンチャーグループは、空港開発の入札に落札し、大規模プロジェクトを監督するためにUIACを設立した。 他の株主は35 パーセントを持ち、Sino-Thai 工学および構造に20 パーセントの分け前があるBTS のグループのホールディングスを含んでいる。

計画には、U-Tapeoを中心とした空港都市が含まれており、経済・事業開発の一大拠点となることを目指しています。

この計画は4つの段階に分かれており、第1段階では年間1590万人の乗客を収容する別の主要ターミナルを建設する計画が含まれており、2024年までに完成する予定となっています。この計画の他の部分には、空港とパタヤやバンコクなどの周辺地域との間の高速鉄道アクセスが含まれています。

その他のフェーズは将来的に十分に計画されており、最終フェーズは2055年まで完了するとは見積もられていません。

しかし、第一期工事の着工は約1年から1年半先の見込みで、土地の許認可やタイ海軍からの土地の引き渡しを待っているところです。

このプロジェクトのコストは約2,900億バーツで、3,050億バーツのリターンが見込まれており、実質的な税金の返還と最初の5年間だけで15,000人の雇用を創出することができます。

 

送信
ユーザーレビュー
2 (3 票)