日本の歓楽街でコロナウイルスが大流行、タイ当局がナイトライフ業界の開業をさらに不安視

東京、日本

東京都は今週の日曜日に47件の新たなコロナウイルス感染を確認したと、小池百合子東京都知事は述べ、5月5日以来、1日当たりの最大の数字をマークした。

そのうち18人が首都のナイトライフ施設にたどり着いた。

月曜日、日本の当局は48人の感染者を発見し、そのうち20人がナイトライフや娯楽施設で感染していることを明らかにした。ナイトクラブや大規模な施設はまだ金曜日に営業する予定だが、バー、カラオケラウンジ、ホステスバーは合法的に営業している。

東京都は、新宿歌舞伎町などのナイトライフ地区でのウイルスの拡散を食い止めるための新たな対策の一環として、ナイトクラブなどの娯楽施設で働く人たちに定期的にコロナウイルス検査を受けるよう求めている。

"小池氏は、西村康稔経済相との会談後、記者団に「積極的な検査を通じて、感染を意識してもらい、他の人にウイルスを移さないようにしてほしい」と語った。

一方、Covid-19状況管理のスポークスマン博士タウェシンVisanuyothinのためのタイのセンターは、具体的には、タイの数十億ドルと世界的に有名なナイトライフ産業は、ほとんど唯一のビジネスの例外のままである理由として、ナイトライフエリアの昨日と以前に韓国での発生を指摘した明確な日付が予定されていないとまだ開かれていませんでした。

しかし、タイアルコール飲料協会のような批評家は、日本と韓国の比較は不公平だと言っています。さらに、パタヤのようなナイトライフ中心の都市では、数ヶ月間ウイルス感染が確認されていません。

タウェシン博士は、タイ政府は、全国で局所的に感染が確認されたウイルスが一人も感染していない28日という節目の目標に近づいているので、特にナイトライフの会場については引き続き検討していくと述べました。しかし、日本で見られるような状況は、タイの関係者にとっては気がかりなことです。

一方、日本の当局者は、感染はコントロールされており、小さなクラスターは、すべてのナイトライフを再開する計画を相殺するものではなく、現時点では、再びすべてのバーやナイトライフ会場を閉鎖することはないだろうと述べています。

ソースは以下の通りです。共同通信、パタヤ・ニュースからの追加資料あり

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)