タイでのコビド-19の新たな確認症例は今日までゼロ

バンコク

コビド19状況管理センター(CCSA)のスポークスマンであるタウェシン・ビサヌヨーチン博士は、本日、タイで新たに確認されたコビド19の症例と記録された症例はゼロであると発表しました。

本日で21日連続で国内での局地的に広がった新たな確認症例がゼロとなりました。タイ王国ではこの間、海外から帰国したタイ人が直接州の検疫所に入る輸入例が複数報告されています。

CCSAは、無症候性キャリアにウイルスがまだ存在していないことを確信するために、少なくとも28日連続で国内で局所的に拡散していない症例に到達することが現在の目標であると述べている。

  また、今日はほぼすべてのクローズドビジネスが行われているフェーズ4の初日でもあります。 は、バーやパブのようなナイトライフやエンターテイメント関連の会場を除いて、再オープンが許可されています。

タイではコビド-19の流行が始まって以来、計58人の死者が出ており は、最近、独立した調査グループによって世界第2位にランクされました。 コヴィド19の危機からの回復のために。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)